Regiment

PerlやCGIを利用してのホームページ作成方法

ホームページでPerlやCGIなどのインタラクティブなプログラム言語を利用すると、自社サイトにおけるウェブ作成にも幅が広がります。

htmlやcssのみでは単に要求されたページを表示することだけしかできませんが、これらのプログラミング言語を利用すると、動的なウェブサイトを構築することが可能となり、ユーザーとの間で双方向的なやりとりが実現されるのです。

perlやcgiを修得する前に、まず、基本的なhtmlやcssによるホームページの作り方を理解しておく必要があります。
htmlやcssを理解できないままcgiを利用するのは、あまり効率的ではありません。
といいますのも、データの受け渡しをした結果をウェブサイト上に表示させる際、たとえ動的なページであったとしても、静的なページの出力を要求されるケースが多々あるからです。

perlやcgiなどのプログラミング言語と比較すると、htmlやcssはそれほど修得するのが難しいというわけではなく、比較的短期間で覚えることができるかと思います。
自社でIT担当者を設置している、もしくはシステム構築を外注で依頼する際にも、正確な費用対コストを把握するためには、経営者自身も簡単なプログラム知識を習得しているのが国際的なグローバルスタンダードになりつつあります。

このhtmlとcssの場合でも同じですが、perlなどのプログラミング言語を修得するこつは、実際にプログラムを走らせながら学んでいくのが一番効率的です。
その際にも、独学でいちから学んでいくよりも、簡単な入門書を入手しておくことをおすすめします。
いちから順序よく理解していくのが、プログラミング言語を習得する際のもっとも効率のよい方法といえるでしょう。

perlやphpが動くレンタルサーバーの確保

cgiを使ったホームページを作成するには、実際に簡単なプログラム言語を走らせながら修得していくのが近道です。
けれども、それには最低限、perlやcgiが動くレンタルサーバーが必要になります。

格安レンタルサーバーでも、たいていはperlなどを使えるケースが多いですが、なかには使えないサーバーもありますので、事前によくチェックしてから契約するようにしましょう。
また、利用するレンタルサーバーによっては、サーバー内のどの場所でもperlなどが使えるケースと、cgi-binなどの指定されたフォルダでしか使えないケースの両方が存在します。cgiの使い方によっては、ウェブサイトの構造が複雑になってしまうケースもありますので、そのあたりも確認しておくのがよいでしょう。

cgiプログラムを書く場合、たいていは、冒頭に「#!/usr/bin/perl」などの定型文を書いてパスを通す必要がありますが、この書き方についても、レンタルサーバーごとに違いがあるので確認してから利用する必要があります。このcgiが動くレンタルサーバーを確保しさえすれば、とりあえずは実際に簡単なプログラムを動かしながら学んでいくことも可能になります。

リスティング広告も動的なプログラム

htmlとcssのみで構成されたウェブサイトは、決まりきったページを訪問者に送信して表示するだけなのに対して、perlなどで書かれたcgiプログラムを利用した動的なページは双方向的なやりとりをすることが可能になります。

例えば、リスティング広告は検索連動広告と呼ばれていますが、これは検索されたキーワードによって動的に表示される広告です。

通常の広告の場合、すべての訪問者にいつも同じものが表示されますが、リスティング広告の場合は、訪問者が検索するキーワードによって、その人のニーズに合ったより最適なものが表示されますので効果が高いものとなっています。
要求されたキーワードによってそれぞれ違う広告を表示するので、動的なプログラムといえますが、このような一方向ではなく、双方向的なやりとりができるという点に大きな利点があるわけです。

静的なページと動的なページでは、ウェブサイトの可能性にも大きな違いが存在します。
もし、ユーザビリティーの高いウェブサイトを作成するのなら、プログラム的な知識が必須ともいえるのです。

プログラム言語の前にhtmlとcssを修得しよう

perlやcgiなどの動的なプログラムを習得する前に、htmlやcssの知識をまず習得されることをおすすめします。といいますのも、cgiなどのプログラムでページを吐き出す際、htmlやcssの知識がないと、思うようなウェブサイトが表示されないというケースも多いからです。

ホームページを作成するのには、htmlとcssがあれば、最低限のサイトを作ることができますが、cgiやperlのみで作成することはできません。ブラウザがソースを読み込んで、サイトを画面上に表示させるには、htmlとcssを記述することが必要になるわけです。

ですので、これからウェブサイトを作ろうと考えている人は、まず、htmlとcssに関する基礎的な知識を身につけておくことをおすすめします。プログラミング言語と比較すると簡単ですので、それほど時間はかからないはずです。また、ある程度はW3Cなどの国際機関によって標準化されているので、人や本によって内容が違うということもあまりないです。

特にhtmlについては、サイトの集客方法としてのSEO対策の面で関係してくることもあるので、正しい書き方と検索エンジンにフレンドリーな論理的な記述方法について学んでおくことをおすすめします。

コンテンツ
© 2011 Regiment.us